飲食店で開業するために必要な資金

飲食店で開業するために必要な資金

スポンサードリンク

飲食店の開業にあたってはまとまった開業資金が必要となります。

 

まず考えられのは飲食店を開くためのテナント店舗です。
なにより保証金が必要です。

 

これは物件の持ち主に敷金として預けるもので、
一般的に店舗の月額賃貸料の半年から1年分といわれています。

 

ただし、地域によっても都会か地方かによっても異なりますので、
不動産情報を確認しておきましょう。

 

さらに、テナント物件で掛かる費用が内装工事費用です。
前の借り主もこれから開業しようとする飲食店であれば
居抜き物件としてさほどの改修費用も掛からず開業できます。

 

ただし、もしいちから新装オープンするとなると、
最低でも1坪あたり20万円から30万円程度は見積もらなければならないでしょう。

 

内装工事といっても単にインテリアだけではなく、冷蔵庫やコンロ、シンクといった厨房設備をはじめ
ガス工事に始まり電気工事も必要です。

 

さらに、空調関係やダクト設置もかかるので、
オフィスや一般住宅よりも想像以上に費用がかかります。

 

このほか設備費用としては小さめの調理器具(浄水器・食器洗浄機・電子レンジなど)や
食器なども集めなければなりません。

 

看板やインターネット設備や電話設備をはじめ広告費用などは
備品費用として少なくとも10万円以上はかかります。

 

これらをまとめて計算していくと、席数の少ない店舗でも1000万円は最低開業資金がかかるでしょう。
これは運転資金とは別なのでさらに多額の費用の見積もりが求められます。

飲食店で開業するために必要な資金についての情報

スポンサードリンク

飲食店で開業するために必要な資金関連ページ

フランチャイズ
フランチャイズでの独立開業について調べてみました。小さな資本金で独立開業できるケースが増えてきていますし、すでに成功しているビジネスモデルを利用できますので、リスクが小さいといえるでしょう。
自己資金ゼロで開業できる?
フランチャイズは自己資金ゼロで開業できるのか調べてみました。フランチャイズは自己資金ゼロで開業できるのか、ということですが、これは十分に可能です。最近は、知名度がある企業などが、自己資金ゼロで開業できるフランチャイズを展開していることもあり、以前よりも開業しやすくなったといえます。
フランチャイズ資金の目安
初めての起業でフランチャイズをしたいときは、まず小さな店舗からスタートするのがおすすめです。店舗面積が狭ければ家賃のコストも抑えられるため、 レストランやカフェなど一定程度広さが必要なものと比べると、開業資金を低く見積もることができます。
大阪での開業に必要な作業
大阪は中小零細企業が多いことや、商業が盛んな土地柄もあり、もともと自治体による開業サポート制度が整っていることが知られています。大阪で開業するのであれば、まずそうした開業にあたって融資をしてくれる制度を仕入れましょう。
FCで独立開業
フランチャイズとは、大手のチェーンの看板を借りて、そのノウハウや知名度、そして顧客からの信頼度を利用して営業できるかわりに、本部に毎月、一定のロイヤリティーを支払うことです。