フランチャイズで必要な開業資金の目安

フランチャイズで必要な開業資金の目安

スポンサードリンク

初めての起業でフランチャイズをしたいときは、まず小さな店舗からスタートするのがおすすめです。

 

店舗面積が狭ければ家賃のコストも抑えられるため、
レストランやカフェなど一定程度広さが必要なものと比べると、
開業資金を低く見積もることができます。

 

たとえば、お惣菜やお弁当のテイクアウト店であれば300万円から500万円ほどの開業資金で
フランチャイズ経営者となることができます。

 

フランチャイズであってもカフェなどの接客をメインとしたりコーヒーや紅茶などのクオリティ高いドリンクを提供したいのであれば、
30坪程度の店舗は必要と考えられます。

 

これくらいの広さであればフランチャイズの飲食店であっても、
ある程度自分らしさを出した運営やインテリアにすることも可能なので、
采配次第で集客度の高い人気店につくり上げることもできるでしょう。

 

たとえば、30坪程度の店舗であれば自分のオリジナリティを生かした店舗づくりをするとなると
3000万円は最低掛かるといわれています。

 

座席数30席から40席、それ以上となれば座席数に応じて開業資金も跳ね上がります。
大きな看板のもとで開業するフランチャイズは比較的リスクの薄い開業です。

 

とはいえ、数百万円から数千万円の開業資金が店舗面積および初期費用に応じて掛かりますので、安易な参入は危険となります。

 

もちろん、初期費用を渋っていてはフランチャイズ開業は難しいですし、
もしオープンしたとしても消費者の支持を得られにくい可能性もはらんでいます。

 

フランチャイズ経営のなか初期投資の回収を念頭に置きつつ、
将来的に安定した収益をあげられるのかどうかを見つめていきましょう。

フランチャイズで必要な開業資金の目安についての情報

スポンサードリンク

フランチャイズで必要な開業資金の目安関連ページ

フランチャイズ
フランチャイズでの独立開業について調べてみました。小さな資本金で独立開業できるケースが増えてきていますし、すでに成功しているビジネスモデルを利用できますので、リスクが小さいといえるでしょう。
自己資金ゼロで開業できる?
フランチャイズは自己資金ゼロで開業できるのか調べてみました。フランチャイズは自己資金ゼロで開業できるのか、ということですが、これは十分に可能です。最近は、知名度がある企業などが、自己資金ゼロで開業できるフランチャイズを展開していることもあり、以前よりも開業しやすくなったといえます。
飲食店で開業するために必要な資金
飲食店の開業にあたってはまとまった開業資金が必要となります。まず考えられのは飲食店を開くためのテナント店舗です。なにより保証金が必要です。これは物件の持ち主に敷金として預けるもので、一般的に店舗の月額賃貸料の半年から1年分といわれています。
大阪での開業に必要な作業
大阪は中小零細企業が多いことや、商業が盛んな土地柄もあり、もともと自治体による開業サポート制度が整っていることが知られています。大阪で開業するのであれば、まずそうした開業にあたって融資をしてくれる制度を仕入れましょう。
FCで独立開業
フランチャイズとは、大手のチェーンの看板を借りて、そのノウハウや知名度、そして顧客からの信頼度を利用して営業できるかわりに、本部に毎月、一定のロイヤリティーを支払うことです。