フランチャイズは自己資金ゼロで開業できる?

フランチャイズは自己資金ゼロで開業できる?

スポンサードリンク

フランチャイズは自己資金ゼロで開業できるのか、ということですが、これは十分に可能です。

 

最近は、知名度がある企業などが、自己資金ゼロで開業できるフランチャイズを展開していることもあり、以前よりも開業しやすくなったといえます。

 

しかし、その場合、事前に確認しておかなければならないことがあります。

 

それは、開業資金はゼロでも、経営者が借金をしなければならなかったり、どんなに赤字経営が続いても解約できないようになっていないかということです。

 

場合によっては、開業するために掛る費用は格安でも、かなり厳しい規定が設けられていることもあり、結局開業することを諦めたというケースもあるのです。

 

そのため、安易な気持ちで、開業資金がゼロだという話に飛びついてはいけないといえるでしょう。

 

ただし、知名度があるだけではなく、商品に自信があったり、提供しているサービスに自信がある企業が、開業資金ゼロで始めることができるフランチャイズシステムを提供しているケースもあります。

 

ようするに、開業資金はゼロでもやっていけるという自信が、企業側にあるということです。

 

この場合、優秀なオーナーを育てるシステムが確立されているというケースも多く、非常に低リスクな状態で開業していくことができるといえます。

 

このように、最終的には、自己資金ゼロを謳っている企業が、どのよう会社なのかによって違ってきますが、いずれにしろすぐに話を鵜呑みいしてしまうのではなく、詳しい条件等を自ら確認した上で、商工会議所などにも相談してみると的確なアドバイスが貰えるでしょう。

フランチャイズは自己資金ゼロで開業できる?についての情報

スポンサードリンク

フランチャイズは自己資金ゼロで開業できる?関連ページ

フランチャイズ
フランチャイズでの独立開業について調べてみました。小さな資本金で独立開業できるケースが増えてきていますし、すでに成功しているビジネスモデルを利用できますので、リスクが小さいといえるでしょう。
フランチャイズ資金の目安
初めての起業でフランチャイズをしたいときは、まず小さな店舗からスタートするのがおすすめです。店舗面積が狭ければ家賃のコストも抑えられるため、 レストランやカフェなど一定程度広さが必要なものと比べると、開業資金を低く見積もることができます。
飲食店で開業するために必要な資金
飲食店の開業にあたってはまとまった開業資金が必要となります。まず考えられのは飲食店を開くためのテナント店舗です。なにより保証金が必要です。これは物件の持ち主に敷金として預けるもので、一般的に店舗の月額賃貸料の半年から1年分といわれています。
大阪での開業に必要な作業
大阪は中小零細企業が多いことや、商業が盛んな土地柄もあり、もともと自治体による開業サポート制度が整っていることが知られています。大阪で開業するのであれば、まずそうした開業にあたって融資をしてくれる制度を仕入れましょう。
FCで独立開業
フランチャイズとは、大手のチェーンの看板を借りて、そのノウハウや知名度、そして顧客からの信頼度を利用して営業できるかわりに、本部に毎月、一定のロイヤリティーを支払うことです。