女子が自宅で開業できる仕事について

女子が自宅で開業できる仕事について

スポンサードリンク

女性がなにか事業を始めたいと思った時、一体どんな事ができるでしょうか。

 

アロマセラピストや、エステティシャン、マッサージ師など。
今、女性の事業家が増えています。
特に、自宅で開業する人が多く成功している女性が急増中です。

 

趣味をお金に変える時代。
一体どういうプロセスで成功したのでしょうか。

 

自宅でアロママッサージを行うAさんに聞きました。

 

趣味でハーブや家庭菜園を楽しんでいたAさん。
アロマオイルとの出会いは、雑誌の付録だったそうです。

 

「付録でついてきたティーツリーのオイルが殺菌効果があると知り
アロマオイルってすごいな!と興味を持ったんです。
それから、アロマオイルを集め出して子供にマッサージしてあげたり
自分の衣類に着けて癒されたりと楽しんでいました。」

 

アロマオイルの講座やアロママッサージの市民講座に参加したAさん。
だんだんと、アロマオイルを使ったマッサージの勉強をしたいと思うようになり
3日でマッサージのテクニックを学べる講座に参加したそうです。

 

「自宅でお友達にアロマオイルを使ったマッサージをしてあげたりしているうちに、
これは仕事になるんじゃないかと思い始めたんです。
自宅に納戸として使っている部屋があったので、そこに簡易ベッドを置いて
即席の癒しルームを作ったらそれっぽくなりました。」

 

最初はお友達がお客様として来てくれたり、口コミで来た人を対象に細々と行っていたそうですが、
今では予約でいっぱいの隠れ家的癒しのお店になりました。

 

「自宅で、しかも一人でやっているので受け入れられる人数に限りがあります。
子供が学校に行っている時間ですので、多くて3~4人。
マッサージが主体なので、場所代や人件費がかからないので気楽にできます。」

 

今は、ジェルネイルやオーラソーマというオイルを使ったカウンセリングも行うなど、
日々進化を遂げているそうで在宅ワークを楽しんでいるそうです。

 

収入は、1日7000円~3万円程度とのこと。
元々は趣味なので、苦を感じることなく頑張れるとか。

 

「外に働きに行くには子供の事もあるし、在宅ワークは自分に合っています。
やればやるほどお金になるし、人と関わることが好きなので楽しいですよ。」
と語るAさん。

 

好きを仕事にする。
これが、最近の企業なのかもしれませんね。

女子が自宅で開業できる仕事についてについての情報

スポンサードリンク

女子が自宅で開業できる仕事について関連ページ

ネイルサロンで開業
ネイルサロンで開業するためには?ほとんどの場合、スクールなどへ通ってから開業するケースが多いといえますが、経営のことまで教えてくれることはほとんどありません。そのため、開業してからやるべきことが多いことに、驚く人が多いといえます。そもそも、ネイルサロンで開業するために必要なことは、どのような内容なのでしょうか。
カフェで開業するために
カフェにあこがれて業界に参入してくる若者も増える中、あっという間にお店がなくなってしまうところが多いのもまた現状です。おしゃれそうだからという夢だけでカフェ開業をスタートするのは考えもので,、 まずはなによりもしっかりとした自己資金を確保しておきましょう。
カフェ開業で資格な資格
カフェ開業で頼りになる資格といえば調理師免許でしょう。カフェの場合ではとくに持たなくても開業可能ですが、保有していれば提供できる食事メニューの幅が広がり、さまざまなタイプの客層をカフェに引き付けることができるようになります。カフェのランチやディナーは女性の間でブームになっていますので、本格的な料理を作れることは大変な強みとなります。
開業資金で必要な金額
個人で店舗を開業しようとすると、最初の難関として開業資金をどうやって集めるかがポイントとなります。必要な金額を低く見積もっていて、非現実的な事業プランを考えている場合も多いため、シビアに数字を検討していくことが重要です。最近、とくに出店がブームであるカフェを開業するときの資金を考えてみましょう。