開業資金で必要な金額とは?

開業資金で必要な金額とは?

スポンサードリンク

個人で店舗を開業しようとすると、最初の難関として開業資金をどうやって集めるかがポイントとなります。

 

必要な金額を低く見積もっていて、非現実的な事業プランを考えている場合も多いため、
シビアに数字を検討していくことが重要です。

 

最近、とくに出店がブームであるカフェを開業するときの資金を考えてみましょう。

 

まず、カフェを開くためのお店を借りなければなりませんから店舗取得費としてテナントの敷金または保証金と家賃が必要です。

 

さらに、カフェらしいインテリアにするための内装工事費をはじめ、
コーヒー器具から食器、テーブルクロスなどの消耗品のほか、
集客のための広告費も重要な資金です。

 

そして、最初は開業者自身で切り盛りするかもしれませんが、やがて忙しくなるとアルバイトスタッフを雇う費用も必要となるでしょう。

 

これらの費用をざっと計算するとおおよその目安で数百万円から1千万円を超える資金を確保しなければなりません。

 

とはいっても、開業資金をすべて自分で賄っている人は少数派です。
たいてい国や都道府県の融資制度を利用したり、
起業者向けの融資に注力している金融機関から融資を受けたりします。

 

よく自己資金の倍額程度まで融資可能といわれていますので、
もし1000万円の開業資金が見込まれるのであれば、
最低でも半額の500万円は捻出したいところです。

 

とにかく最初の開業にあたってはさまざまなコストを切り詰めて、自分でできる作業はやりこなすだけの勢いが大切です。

開業資金で必要な金額とは?についての情報

スポンサードリンク

開業資金で必要な金額とは?関連ページ

女子の自宅開業
独立開業できる職種について。以前は飲食店やショップを開く事が主流でしたが、現在ではネイルサロンやアロマやリフレクソロジーといったヒーリング系のサロンを開くのも人気です。
ネイルサロンで開業
ネイルサロンで開業するためには?ほとんどの場合、スクールなどへ通ってから開業するケースが多いといえますが、経営のことまで教えてくれることはほとんどありません。そのため、開業してからやるべきことが多いことに、驚く人が多いといえます。そもそも、ネイルサロンで開業するために必要なことは、どのような内容なのでしょうか。
カフェで開業するために
カフェにあこがれて業界に参入してくる若者も増える中、あっという間にお店がなくなってしまうところが多いのもまた現状です。おしゃれそうだからという夢だけでカフェ開業をスタートするのは考えもので,、 まずはなによりもしっかりとした自己資金を確保しておきましょう。
カフェ開業で資格な資格
カフェ開業で頼りになる資格といえば調理師免許でしょう。カフェの場合ではとくに持たなくても開業可能ですが、保有していれば提供できる食事メニューの幅が広がり、さまざまなタイプの客層をカフェに引き付けることができるようになります。カフェのランチやディナーは女性の間でブームになっていますので、本格的な料理を作れることは大変な強みとなります。