独立開業できる資格について

独立開業できる資格について

スポンサードリンク

起業を検討する際、資格を活かす事ができるケースがあります。

 

そこで、独立開業できる資格について、ご紹介していくことにしましょう。

 

まず、一般的なのは、医師、歯科医師、弁護士、行政書士、司法書士、公認会計士、税理士、建築士、美容師などです。

 

難易度が高い資格だったり、資格の取得までに時間が掛かるものが多いといえますが、いずれの場合も共通しているのは、ライバルが多いということです。

 

そのため、他とは違う強みや特徴などを、分かりやすく前面に出していなければ、生き残っていくことが難しいといえます。

 

また、最近は、1つの資格だけではなく、いくつかの資格を組み合わせて事業展開しているケースが増えてきました。

 

例えば、社会労務士と中小企業診断士の資格を組み合わせたり、宅建とファイナンシャル・プランニング技能士の資格を組み合わせるなどがあります。

 

医師や弁護士など、より専門性が高い資格の場合は、他の資格を取得する必要はありませんが、ニッチな市場を攻めるという意味では、複数の資格を取得して、事業に活かすのも一つの方法ではあります。

 

このように、独立開業できる資格についてご紹介していきましたが、資格がなければ独立開業できないわけではありません。

 

また、仕事の内容や規模によっては、独立開業しない方が良いケースもあります。

 

ですから、本当に自分がやりたいことや、それに伴って必要なスキルや資格はあるのかについて、事前にチェックしておいた方が良いでしょう。

独立開業できる資格についてについての情報

スポンサードリンク

独立開業できる資格について関連ページ

これからの独立開業
資格がなくても独立できる業種について調べてみました。この世の中には資格がなくても独立してできる業種というのも確かに存在します。もちろん、国家資格や著名な民間資格がなければできない仕事もありますし、信用性も高く仕事がしやすいといえます。
自動車整備士資格が必要な職種
自動車整備士は技術のレベルや内容に応じて「1級整備士、2級整備士3級整備士、特殊整備士」の4つに分けられます。毎年4万人合格者を出しています。