自動車整備士の資格が必要な職種について

自動車整備士の資格が必要な職種について

スポンサードリンク

日本におよそ33万人いると言われている自動車整備士。

 

自動車が安全に走行できるように、
タイヤ交換からメンテナンスまで点検、整備するのが仕事です。

 

自動車整備士は技術のレベルや内容に応じて
「1級整備士、2級整備士3級整備士、特殊整備士」
の4つに分けられます。

 

毎年4万人合格者を出しています。

 

整備士の1種養成施設(整備経験のない者が対象)は、
自動車整備学校や高校などの自動車整備科などで、

 

養成期間は3級整備士養成課程が1年以上、
2級整備士養成課程が2年以上、
1級整備士養成課程が2年または3年以上です。

 

国土交通大臣指定の養成施設で
所定の科目を修了した場合は実技試験が免除になり、
学科試験に合格すれば資格を取得することができます。

 

車が好きな人に向いている資格で、趣味を活かした職業です。
技術を使った仕事なので、自動車整備会社やメンテナンスサービスなど、
起業しやすい資格と業種といえます。

 

最近では、自宅まで出張で車メンテナンスを行う
サービス業の起業が増えていて、まさに旬のニッチな職業ですね。

 

職場によって給与は異なりますが、
初任給は高卒の場合およそ15万円、短大や専門卒でおよそ17万です。
全国の整備士平均年収は約386万7000円と言われています。

自動車整備士資格が必要な職種

整備工場やディーラー、部品やガソリンスタンドなどで
車のメンテナンスをする場合は、自動車整備士の資格が必要となります。

 

自動車整備工場には一定数以上の
自動車整備士有資格者を置くことが法律で義務づけられています。

 

今後は整備士の数は全体的に不足すると予想されるので、
ニーズの高い資格です。

 

また、診断機器の精密化、排気ガス規制の強化など、
整備にはより高い技術が求められ、
優秀な自動車整備士を必要とする職場が多いのが現状です。

自動車整備士の資格が必要な職種についてについての情報

スポンサードリンク

自動車整備士の資格が必要な職種について関連ページ

これからの独立開業
資格がなくても独立できる業種について調べてみました。この世の中には資格がなくても独立してできる業種というのも確かに存在します。もちろん、国家資格や著名な民間資格がなければできない仕事もありますし、信用性も高く仕事がしやすいといえます。
独立開業できる資格
独立開業できる資格について調べてみました。起業を検討する際、資格を活かす事ができるケースがあります。そこで、独立開業できる資格について、ご紹介します!