これからの独立開業できる職種とは

これからの独立開業できる職種とは

スポンサードリンク

今のまま組織に属していていいのだろうか。
独立開業したい・・でも、何ができるのだろう。

 

これからの独立開業できる職種をご紹介します。

 

■資格を使った独立開業
司法書士・行政書士・税理士など、資格を活かした独立開業は手堅く息の長い仕事ができます。人脈が命なので、開業後は営業や広告戦略などが必須となります。
個人を対象とした仕事から、大手企業を対象とするなど収入に幅があります。
自分の資格を使って、看板を出すので自己資金が少なく開業できます。

 

開業するために資格を取得するのではなく、
あらかじめ資格を使って経験と実績を積み、人脈ができてからの開業がお勧めです。

パソコンを使ったオンライン開業

テナント料や人件費、設備費が必要ないので、
準備資金が少なく準備期間が比較的短期間で始められる在宅の開業です。

 

・ネット通販
ホームページを開設し、商品を販売します。
ハンドメイドのものから、自分で仕入れたものを売るなど自由なお店を作ることができます。

 

・アフェリエイド事業
自作のホームページに、企業広告を掲載。
広告宣伝費を収入にするお仕事です。

 

・電話相談事業
占い、愚痴聞き、モーニングコールなど。
自宅にある電話回線を使って、顧客に電話サービスを行う事業です。
最近話題の業種で、顧客ニーズも高く低リスク高リターンな仕事です。

 

広告や口コミが命なので、インターネット上に広告を載せるなどWEB環境で
事業展開する必要があります。

フランチャイズ事業

独立開業のなかでも、ハイリスクで本格的な資金計画が必要となる事業です。

 

コンビニやラーメン店などを経営する開業で、
大手企業とフランチャイズ契約をしてお店を持つ事業です。

 

あらかじめ持っている土地を有効活用する場合と、
企業側が土地を準備する場合があります。

自宅開業

美容・健康など、自分の技術を活かして自宅開業する事業です。
テナント料や材料費など最低限で抑えられ、
自分の時間を有効利用して仕事ができる低リスクでマイペースなお仕事です。

 

その他にも、さまざまな開業できる業種があります。
アイディアと実行力で、どんな分野でも開業することができます。
なぜ、なにを、いつ、誰に、どこでを明確にして自分ができる開業計画を立てましょう。

これからの独立開業できる職種とはについての情報

スポンサードリンク

これからの独立開業できる職種とは関連ページ

自動車整備士資格が必要な職種
自動車整備士は技術のレベルや内容に応じて「1級整備士、2級整備士3級整備士、特殊整備士」の4つに分けられます。毎年4万人合格者を出しています。
独立開業できる資格
独立開業できる資格について調べてみました。起業を検討する際、資格を活かす事ができるケースがあります。そこで、独立開業できる資格について、ご紹介します!