独立開業できる資格とは?

独立開業できる資格とは?

スポンサードリンク

独立開業できる資格とは、たとえば弁護士、公認会計士、税理士、社会保険労務士、不動産鑑定士、司法書士、行政書士といった資格があります。
世間一般では先生といわれている職種でもありますが、こうした資格を得るために葉とても難しい試験に合格をしなければいけないのでそんなにたやすいものではありません。

 

こうした資格をいかし、独立開業をするなら、学校卒業後に、資格事務所で働きながら視覚を目指す勉強をするなどの準備が必要でしょう。

 

人によってはサラリーマンをしながら資格取得の勉強をして合格する人もいます。
不動産会社で働いている人が不動産鑑定士、司法書士の資格を取得することを目指すケースもあります。
どんな方法を取ったとしても資格を取得するためには、勉強をしなければいけませんしかなりの努力が必要です。

 

こうした資格を使って独立開業をしたいと思っている人は資格を取得してからも経験をつむために先輩や有名な先生の下で働きながら独立開業の準備をする必要があるでしょう。
ですが独立開業をして軌道に乗れば将来はかなり安泰で安定した収入が得られるのも特徴です。
不景気などにも左右されない職業ばかりですので、ずっと安定して仕事を得られるメリットもあるでしょう。

独立開業できる資格とは?についての情報

スポンサードリンク

独立開業できる資格とは?記事一覧

これからの独立開業できる職種とは

今のまま組織に属していていいのだろうか。独立開業したい・・でも、何ができるのだろう。これからの独立開業できる職種をご紹介します。■資格を使った独立開業司法書士・行政書士・税理士など、資格を活かした独立開業は手堅く息の長い仕事ができます。人脈が命なので、開業後は営業や広告戦略などが必須となります。個人...

≫続きを読む

 

自動車整備士の資格が必要な職種について

日本におよそ33万人いると言われている自動車整備士。自動車が安全に走行できるように、タイヤ交換からメンテナンスまで点検、整備するのが仕事です。自動車整備士は技術のレベルや内容に応じて「1級整備士、2級整備士3級整備士、特殊整備士」の4つに分けられます。毎年4万人合格者を出しています。整備士の1種養成...

≫続きを読む

 

独立開業できる資格について

起業を検討する際、資格を活かす事ができるケースがあります。そこで、独立開業できる資格について、ご紹介していくことにしましょう。まず、一般的なのは、医師、歯科医師、弁護士、行政書士、司法書士、公認会計士、税理士、建築士、美容師などです。難易度が高い資格だったり、資格の取得までに時間が掛かるものが多いと...

≫続きを読む