探偵で独立開業するためには?

探偵で独立開業するためには?

スポンサードリンク

探偵で独立開業をするためには、資格は特に必要ないのですが、これから挙げることに該当する人は営業できないので注意しましょう。
成年非後見人、破産者で復権をしていない人、禁固以上の刑を処されて、または法律の規定違反で罰金の刑に処されて執行を終わって、執行を受けることがない日から5年経っていない人、最近5年間に、営業停止処分などを受けた人、暴力団員または、暴力団を辞めてから5年経っていない人、未成年の人、法人役員で今挙げたことにどれかが該当する人は探偵の独立開業ができません。

 

そして必要な許認可があり、探偵業をするためには届出が必要です。
営業を開始する前日までに、営業所ごとの管轄の警察署経由で公安委員会に提出をする野江ですが提出をしてから探偵業届出証明書が発行されるので事務所の見やすい場所への掲示が必要です。
これにかかる手数料は3600円です。

 

提出する書類は、探偵業開始届出書、住民票の写し、履歴書、誓約書、法務局発行の登記事項証明書、市区町村発行の身分証明書が必要です。

 

探偵業を独立開業するに当たっては開業後には色々な義務も課されているのでそれも覚えておくようにしましょう。
届出をしないまま営業していると半年以下の懲役または30万円以下の罰金になります。

探偵で独立開業するためには?についての情報

スポンサードリンク

探偵で独立開業するためには?関連ページ

アートステージ
アートステージで独立開業ができるのか、それは可能です。今エッチングアート事業はとても人々の生活に密着していて、さまざまな素材に表情をつけて、色あせることない思い出、オリジナル商品を作り、需要が高い業界といわれてます。
パソコン教室
独立開業するならパソコン教室がおすすめです。パソコン教室はリスクが低く手軽に始められるのが特徴でとてもやりがいのある仕事でもあるのです。
焼き鳥屋
焼き鳥屋も独立開業しやすい業種です。飲食店を始める人の中には、焼き鳥屋を始めた人も大勢いるのです。
医療系で独立できる仕事
医療系の資格を活かした独立開業と言えば、やはり開業医です。医学部に入り、研修医・勤務医を経て開業医となるプロセスは、思い立ってできる事業ではありません。手に職を付けて独立開業したいと思った場合、どんな資格があるのでしょうか。
不動産での開業に必要な作業
不動産で開業をしようとしたときには、さまざまなルールに則って開業手続きを行わなければなりません。不動産開業は宅地建物取引主任者の資格が必要であり、開業にあたっては宅地建物取引業法の規定に従った流れで進める必要があります。
独立のための情報
独立を考えた時、まず情報をインターネットで得ようとする人が多いはずです。あなたの都道府県や市町村でも、まずはこうした創業支援の窓口に問い合わせてみることで、多彩な独立情報をゲットできるでしょう。