会社を辞めて起業する方法

会社を辞めて起業する方法

スポンサードリンク

サラリーマンが起業しようと思ったら、当たり前ですが会社を辞めないといけません。
しかし、いきなり辞めてしまっては、路頭に迷って周りに迷惑をかけるだけです。

 

まずはしっかりと、どういったビジネスをやっていきたいのかかんがえましょう。

 

これは働きながらでもできますし、考えるだけならお金はかかりません。
なるべくたくさん考えてみましょう。

 

アイデアが浮かんだら、次は「本当に実現可能かどうか」ということを検討します。

 

ビジネスとしてやっていくのですから、きちんと商売として成り立つのか、資格が必要なのか、特別な許可が必要なのか等、ひとつひとつ調べていきましょう。
また、そのビジネスが今の時代に合っているのかということも考えた方が良いでしょう。

 

実現可能だとわかったら、今度は自分自身が起業できる環境にいるのかということを確認しましょう。
資金調達の手だてや、家族の同意などです。

 

いきなり起業してもしばらくは収入がないでしょうから、貯金で生活することになるでしょうし、家族から反対されているならむずかしいですよね。

 

また、もし従業員を雇いたいなら、会社を辞める前に適切な人物を探しておいた方が良いでしょう。
信頼できる人にあらかじめ声をかけておくのです。

 

無作為に声をかけるのではなく、主要人物となる人にだけ、声掛けすると良いですね。
会社を辞めるときは、自分が辞めることで周りの人に不都合が起こらないか、タイミングに気を付けましょう。

会社を辞めて起業する方法についての情報

スポンサードリンク

会社を辞めて起業する方法関連ページ

は商工会議所に相談しよう
起業をしたくても、周りに相談できる人がいない、というのは、非常に不安な状態ですよね。しかし、運良く、まわりに、社長さんや、あるいは、起業した経験をもつ方がいればいいですが、そうでなければ、だれかに相談したくてもその相手がいない、ということはよくあります。
上手な起業の成功例
起業をしても、当然ながら、うまくいく人もいれば、失敗して生活までも困窮してしまう人もいます。いったいなにが明暗を分けるのか、あらかじめわかっているれば、これほど心強いことがないですよね。起業で成功した人は、どのようなポイントが分かれ目になったのでしょうか?
起業するにあたって必要な事
起業するにあたって必要な事とはいったいなんでしょう?起業するにあたって必要な事は、業種によっても違ってきますし、法人にするか、個人事業主として始めるかによっても違ってきます。
資金0円で起業する方法
独立して、自分で事業を起こしたい、と思っている人も、多いですが、しかし、多くの人がハードルになると感じているのが、資金です。自己資金がほとんどない、でも開業したい、という方も、けっこう多いもの。