資金0円で起業する方法とは

資金0円で起業する方法とは

スポンサードリンク

独立して、自分で事業を起こしたい、と思っている人も、多いですが、しかし、多くの人がハードルになると感じているのが、資金です。
自己資金がほとんどない、でも開業したい、という方も、けっこう多いもの。

 

「借りればいいじゃないか」とえば、たしかにそのとおりです。げんに、国民生活金融公庫では、新規開業を予定している人に対して、低利、固定、長期で、貸付をおこなっています。このように、公的機関でも、さまざまな方法で、新規開業をしたい人を、バックアップしているのです。

 

しかし、この国民生活金融公庫の融資にさいしては、ひとつ条件があります。それは、自己資金が、開業資金の3分の1は用意できていることなんです。つまり、開業資金のうち、3分の2までは融資してくれるとしても、それ以前に、残りの3分の1を、自分で用意しなくてはならず、けっきょく、自己資金はある程度必要ということになるのです。

 

そこで、新規開業を諦めてしまう人も多いもの。しかし、そんな方のための奥の手があります。それは、出資を募る、という方法です。

 

「なんだ、けっきょく借りるんじゃない」と思うかもしれませんが、しかし、この出資をつのるというのは、じつは、借りることにはならないのです。なぜかといえば、集めた出資には、返済義務がないから。つまり、返さなくてもいいから、借金にはあたらず、自己資金としてカウントされるのがこの出資という方法なのです。

 

もちろん、儲けた暁には、任意でお返しするほうがよいでしょう。

資金0円で起業する方法とはについての情報

スポンサードリンク

資金0円で起業する方法とは関連ページ

は商工会議所に相談しよう
起業をしたくても、周りに相談できる人がいない、というのは、非常に不安な状態ですよね。しかし、運良く、まわりに、社長さんや、あるいは、起業した経験をもつ方がいればいいですが、そうでなければ、だれかに相談したくてもその相手がいない、ということはよくあります。
上手な起業の成功例
起業をしても、当然ながら、うまくいく人もいれば、失敗して生活までも困窮してしまう人もいます。いったいなにが明暗を分けるのか、あらかじめわかっているれば、これほど心強いことがないですよね。起業で成功した人は、どのようなポイントが分かれ目になったのでしょうか?
起業するにあたって必要な事
起業するにあたって必要な事とはいったいなんでしょう?起業するにあたって必要な事は、業種によっても違ってきますし、法人にするか、個人事業主として始めるかによっても違ってきます。