起業したら社会保険の加入は必須?

起業したら社会保険の加入は必須?

スポンサードリンク

社員を何人か雇って起業したい、と考えている人が、確認しておかなくてはならないことのひとつに、社会保険があります。会社を設立した場合、社会保険には、必ず入らなくてはならない、ということは、ご存知だと思いますが、しかし、じつは、社会保険と一口に言っても、さまざまな種類があるのです。

 

ここで言う社会保険とは、健康保険、また、厚生年金、雇用保険、労災保険などです。健康保険は、公的な医療保険で、また、厚生年金は、厚生年金保険法にもとづき、民間企業の労働者が加入する公的年金です。さらに、雇用保険は、失業した際に、失業給付を受けることを目的とした保険です。また、労災保険は、労働災害の際に、保険金が支給される保険です。

 

この社会保険には、じつは、法人、もしくは、個人事業主であっても、従業委員が5人以上いる個人事業主は、支払わなくてはならないとされています。また、社員個人ごとに加入するのではなく、企業ごとの加入という形になります。そして、これらの保険は、正社員でなくパートであっても、常用的な雇用であれば、加入が義務付けられます。

 

たとえば、健康保険、年金保管は、社員は原則加入義務があり、パートでも、常用的な雇用であれば加入義務があります。さらに、雇用保険は、社員の場合、原則、加入義務がありますが、法人の代表者は、加入できません。

 

また、このほかにも、労災保険は、従業員を一人でも雇用したら、必ず加入しなくてはなりません。

起業したら社会保険の加入は必須?についての情報

スポンサードリンク