リラクゼーションサロンの開業には資格が必要?

リラクゼーションサロンの開業には資格が必要?

スポンサードリンク

リラクゼーションサロンは、よく町なかで見かけ、利用しいたことがある方も多いでしょう。しかし、このリラクゼーションサロンが、具体的に何をしているのか、知らない人も多いのではないでしょうか。

 

このリラクゼーションサロンを、自分で開業したい、と思う方もいるようです。しかし、そのためには、なにか資格が必要なのではないか、と、疑問に思っている方も多いことでしょう。そもそもリラクゼーションサロンは、アロママッサージ、ヘッドスパ、さらに、耳つぼマッサージなどをおこない、癒やしを提供する、というコンセプトのお店です。

 

このリラクゼーションサロンを開業するのに、資格は必要なのか、というところなのですが、じつは、けっこうグレーな部分が多いのが現実です。

 

ポイントは、マッサージをおこなうかどうか、にあります。リンパセラピストなどの資格は、民間資格ばかりで、法律上は、なくても問題ありません。

 

しかし、マッサージをするのであれば、国家資格が必要です。なぜなら、マッサージは、医療類似行為にあたり、医師以外の人がこれをおこなう場合、免許をとることが必要である、と法律で定められているのです。

 

ですので、マッサージをおこなう限りは、リラクゼーションサロンで、免許をとる人が必要なのです。しかし、現実は、それが徹底されているとはいえません。なぜなら、たとえばアロマリラクゼーションサロンなどをしていて、アロマオイルを「皮膚に擦り込んでいる」という名目で、マッサージをおこなっている場合もあり、これが、きちんと取り締まられていないのです。

リラクゼーションサロンの開業には資格が必要?についての情報

スポンサードリンク

リラクゼーションサロンの開業には資格が必要?関連ページ

資格があれば独立しやすい?
資格があれば独立しやすいって本当でしょうか?資格があれば独立しやすいと考える人が多いようですが、実は資格を取得したからといって、必ずしも独立できるわけではありません。