セミナー講師として独立開業する方法

セミナー講師として独立開業する方法

スポンサードリンク

「先生」と呼ばれるのは、何も教師と政治家だけではありません。

 

「何か」を誰かに教えれば、もう「先生」なのです。

 

複数人を集めて、「何か」を教える場を設ければそれは「セミナー」です。

話術を極める

自分が歩んできた人生の中で、
人に伝えたい事を分かりやすくまとめます。

 

信用と実績を分かりやすくアピールして、
なるほどと思われる何かを伝える事。

 

カリスマ性が問われるので、堂々とした態度と清潔でシンプルな服装で。

 

「笑い方」というテーマで人気の講師がいるくらいですから、
トークのテーマは自由です。
何か一つ誰にも負けない秀でたネタを持っていれば講師になれるのです。

 

独立開業でセミナー講師をする場合は、単価の設定も自由ですので、
始めは小さな少人数セミナーをこなして経験を積むとよいでしょう。

 

経験が浅いのに啓発本を作ってセミナーで販売したり、
DVDを売るのは厳禁。

 

実績を積んで顧客からのニーズが高まってから
オリジナルグッズの企画を初めても遅くはありません。

どう売り込むのか

セミナー講師として企業するには、
セミナー講師を派遣する会社に登録することが一番の近道でしょう。

 

社員の自己啓発を目的に、
セミナーを開催したいと企画した企業は
まず、目的に合った講師を探します。

 

その場合、フリーで活動している講師をやみくもに探すよりも、
派遣会社を通して講師を斡旋してもらうケースがほとんどです。

 

独立したフリーの講師として活動する場合、
講師を派遣する会社に登録しておくことで
セミナーを企画している企業が検索しやすくなります。

 

商工会議所などでも講師の登録を募集しているので調べてみましょう。

セミナー講師として独立開業する方法についての情報

スポンサードリンク