薬局開業に必要な事

薬局開業に必要な事

スポンサードリンク

薬局開業に必要な事とは、どのような内容なのでしょうか。

 

まず、医薬品を小売販売する場合、薬事法で形態が3つに分類されています。

 

薬局、一般販売業、薬種商です。

 

薬局は、常時薬剤師が常駐して、調剤を行うことが義務付けられており、一般販売業に関しては、処方箋を取り扱えないことになっています。

 

そして、薬種商の場合は、薬剤師を置く必要がなく、指定医薬品以外の医薬品を取り扱うことになっています。

 

基本的に、調剤薬局を開業するということであれば、都道府県知事の許可を受ける必要があり、開業後は6年置きに更新を行う必要があります。

 

また、措置基準に関しては、各都道府県ごとで違ってきますので、各都道府県庁の中に設けられている、薬務課か衛生課に確認すると良いでしょう。

 

それから、申請を行う場合は、以下の書類が必要となります。

 

薬剤師免許の写しと本証、診断書、証書、平面図、法人の場合は全部事項証明書、薬局開設許可申請書です。

 

申請時は手数料が必要となり、大体5万円ちょっと費用が掛ります。

 

最後に、薬局を開業する場合に必要となり資金についてですが、こちらは薬局の形態によっても変わってきますので、一概に言い切ることができません。

 

例えば、最近主流となってきている、ドラッグストアに調剤薬局が併設されているパターンの場合ですが、建物の保証料や仲介料、内装費、調剤管理システム、運転資金、人件費など全て合わせて、大体4000万円程度は必要だといわれています。

 

最終的には、事業の内容や規模などによっても変わってきますので、事前に商工会議所などに相談すると良いでしょう。

薬局開業に必要な事についての情報

スポンサードリンク

薬局開業に必要な事関連ページ

助成金を活用
独立開業をしようと決めたら準備はできれば今仕事をしている人は、その仕事を辞める前までに終わらせておくことをお勧めします。
リスクについて
独立開業をしようと決めたら準備はできれば今仕事をしている人は、その仕事を辞める前までに終わらせておくことをお勧めします。
仕事を辞める準備
独立開業をしようと決めたら準備はできれば今仕事をしている人は、その仕事を辞める前までに終わらせておくことをお勧めします。
2013年の助成金相場
2013年現在、助成金の相場は200万円~700万円。厚生労働省、経済産業省、都道府県庁の三つから助成金が出ています。助成金や補助金にはいろいろな種類があり、要件も細かく設定されています。
海外起業
海外起業をする人が増えてきました。なぜか?おそらく近年、日本国内ではほとんどの業界が飽和状態になっていることから、よりビジネスチャンスがあるからだと感じています。
開業についての相談窓口
独立開業についての相談はどこにするべきなのか調べてみました。初めてのことであれば、段取りが分からなかったり、必要な書類などが分からないこともあり、なにかと躓いてしまうものです。
飲食店の開業資金
飲食店の開業資金についてどれくらいか調べてみました。大体の目安としては、1000万円から1500万円程度はトータルで掛ると考えておいて良いでしょう。
独立開業の資金
独立開業の資金はいくら必要なのか調べてみました。業種によっても違ってきますし、個人事業主として行うか、法人で行うかによっても違ってきます。そこで、ここでは4つのパターンについて、ご紹介していくことにします。
起業のアイデアをしぼり出す方法
世の中のビジネスの根底には、不便なものを便利にしたり、非効率的なものを効率的にする要素が流れています。まずぼんやりとしたイメージしか起業に対して持ちあわせていないのであれば、自分が不便なことをいくつでも羅列して書き出してみるのも一つの方法です。
資金0円で開業する方法
資金を持っていなくても開業資金0円で独立できる方法があります。一番知られているのはフランチャイズや代理店制度を利用した開業です。独立をしたいという起業家タイプの人間がどんどん増えているものの、近年の経済状況から開業を断念している人にはとくに最適な方法といえます。
資金作りのコツ
起業をしようとするとほとんどのケースで金融機関からの資金融資を受けることが必要となります。少ない起業資金では思うような設備投資をすることもできず、中途半端な状態で開業し、結局経営がうまくいかなくなってしまうこともしばしばです。
ITエンジニアの独立
世の中には独立しやすい職業と、独立しづらい職業があります。そのなかでもITエンジニアは、比較的独立しやすい職業といわれています。独立といっても、じつは起業とフリーランスで働くこと、2種類の方法があることをご存知でしょうか?
IT起業の成功法
ITで起業したいという人は、けっこう多いものです。IT技術を活用すれば、一昔まえには考えられなかったようなビジネスが成功するという例もあり、まだまだ伸びしろのある業界として、大人気ですよね。
開業の支援制度を活用する
独立開業を夢見ている人は多いですが、しかし「資金が用意できない」「協力者や一緒に働いてくれるパートナーが見つからない」「なんとなく不安」といった理由で、せっかくの志を先延ばしにして、いつまで経っても開業できない、という人は多いのではないでしょうか。
塾を独立開業するために
学習塾は、学校とはまた違った形で、子供たちの教育にかかわることができ、さらに、子供たちの志望校合格を手助けできるという、非常にやりがいのある仕事です。この、学習塾を開業したいという方も、多いのではないでしょうか。