独立するために仕事を辞める前の準備について

独立するために仕事を辞める前の準備について

スポンサードリンク

独立しよう!そう思いついてすぐに退職するのは失敗の元。
焦らずじっくり計画を進めて行きましょう。

 

まず、開業するからには事業主になるわけですから人脈は非常に大切です。
円満に退職する事が、今後の良縁を繋げていきます。

 

組織に属した社会人なら、最低2ヶ月前に退職の意志を申請しましょう。
仕事の引き継ぎをしっかりと行うのもマナーの一つ。
退職に伴う保険等の事務手続きも行いましょう。

 

【事務手続き】

 

年金手帳・離職票・給与所得の源泉徴収票・雇用保険被保険者証・退職所得源泉徴収票・厚生年金加入員証は必ず必要になる書類です。
もらい忘れの内容に事務手続きをしっかりと行いましょう。

 

健康保険被保険者証は会社に返却し、その代わり社会保険の変更手続が必要となります。2週間以内に自分で役所に出向き手続きを行います。

 

国民健康保険と国民年金に加入しておきます。
必要な物は以下になります。

 

・国民年金被保険者資格取得届

 

・国民健康保険被保険者資格取得届

 

・退職証明書・年金手帳、印鑑

 

【開業計画と準備】
会社の手続きと並行して、独立開業に向けた準備も進めます。
資金が必要な場合は、資金計画を具体的に立てましょう。
テナントを必要とする場合は、賃貸料金・備品準備費などの経費の計算を。

 

初期投資金がどれくらいの収益で相殺できるのかもしっかりと計算したうえで
資金計画をたてなけれは経営を存続させることはできません。

 

予想開業資金と予想出費額を算出して、資金繰り計画を立てましょう。
市町村の融資制度や助成金情報も調べて、活用できるものは取り入れるとよいでしょう。

税務手続き

事業主はあなたですので、会社の名前を決めましょう。

 

税務手続きが必要になるのは、税務署に事業者登録をする時です。
必要書類をそろえて、漏れの内容に申請しましょう。

 

必要、不必要は事業の規模や経営内容によりますので、
自分が必要な申請書類をあらかじめ確認する必要があります。

一般的に必要な書類例

①個人事業の開廃業等届出書

 

②所得税の青色申告承認申請書

 

③給与支払事務所等の開設届出書

 

④源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書

 

⑤青色事業専従者給与に関する届出書

 

⑥所得税の減価償却資産の償却方法の届出書

 

⑦消費税課税事業者選択届出書

 

退職前と開業後の保険と税金の手続きは、漏れがあるともらえるお金が支払われなくなったり、
逆に支払うべき税金が未払いとなり追徴課税対象になります。

 

退職前は総務や事務部に。退職後は市町村や税務署に問い合わせて、
正しい情報を元に事務手続きを行ってください。

独立するために仕事を辞める前の準備についてについての情報

スポンサードリンク

独立するために仕事を辞める前の準備について関連ページ

助成金を活用
独立開業をしようと決めたら準備はできれば今仕事をしている人は、その仕事を辞める前までに終わらせておくことをお勧めします。
リスクについて
独立開業をしようと決めたら準備はできれば今仕事をしている人は、その仕事を辞める前までに終わらせておくことをお勧めします。
2013年の助成金相場
2013年現在、助成金の相場は200万円~700万円。厚生労働省、経済産業省、都道府県庁の三つから助成金が出ています。助成金や補助金にはいろいろな種類があり、要件も細かく設定されています。
海外起業
海外起業をする人が増えてきました。なぜか?おそらく近年、日本国内ではほとんどの業界が飽和状態になっていることから、よりビジネスチャンスがあるからだと感じています。
開業についての相談窓口
独立開業についての相談はどこにするべきなのか調べてみました。初めてのことであれば、段取りが分からなかったり、必要な書類などが分からないこともあり、なにかと躓いてしまうものです。
薬局開業準備
薬局開業に必要な事について調べてみました。まず、医薬品を小売販売する場合、薬事法で形態が3つに分類されています。薬局、一般販売業、薬種商です。薬局は、常時薬剤師が常駐して、調剤を行うことが義務付けられており、一般販売業に関しては、処方箋を取り扱えないことになっています。
飲食店の開業資金
飲食店の開業資金についてどれくらいか調べてみました。大体の目安としては、1000万円から1500万円程度はトータルで掛ると考えておいて良いでしょう。
独立開業の資金
独立開業の資金はいくら必要なのか調べてみました。業種によっても違ってきますし、個人事業主として行うか、法人で行うかによっても違ってきます。そこで、ここでは4つのパターンについて、ご紹介していくことにします。
起業のアイデアをしぼり出す方法
世の中のビジネスの根底には、不便なものを便利にしたり、非効率的なものを効率的にする要素が流れています。まずぼんやりとしたイメージしか起業に対して持ちあわせていないのであれば、自分が不便なことをいくつでも羅列して書き出してみるのも一つの方法です。
資金0円で開業する方法
資金を持っていなくても開業資金0円で独立できる方法があります。一番知られているのはフランチャイズや代理店制度を利用した開業です。独立をしたいという起業家タイプの人間がどんどん増えているものの、近年の経済状況から開業を断念している人にはとくに最適な方法といえます。
資金作りのコツ
起業をしようとするとほとんどのケースで金融機関からの資金融資を受けることが必要となります。少ない起業資金では思うような設備投資をすることもできず、中途半端な状態で開業し、結局経営がうまくいかなくなってしまうこともしばしばです。
ITエンジニアの独立
世の中には独立しやすい職業と、独立しづらい職業があります。そのなかでもITエンジニアは、比較的独立しやすい職業といわれています。独立といっても、じつは起業とフリーランスで働くこと、2種類の方法があることをご存知でしょうか?
IT起業の成功法
ITで起業したいという人は、けっこう多いものです。IT技術を活用すれば、一昔まえには考えられなかったようなビジネスが成功するという例もあり、まだまだ伸びしろのある業界として、大人気ですよね。
開業の支援制度を活用する
独立開業を夢見ている人は多いですが、しかし「資金が用意できない」「協力者や一緒に働いてくれるパートナーが見つからない」「なんとなく不安」といった理由で、せっかくの志を先延ばしにして、いつまで経っても開業できない、という人は多いのではないでしょうか。
塾を独立開業するために
学習塾は、学校とはまた違った形で、子供たちの教育にかかわることができ、さらに、子供たちの志望校合格を手助けできるという、非常にやりがいのある仕事です。この、学習塾を開業したいという方も、多いのではないでしょうか。